昭道館合気道は合気道の開祖でもある植芝盛平先生に師事された、富木謙治先生によって創案されました。

その最大の特徴は「形」と「乱取」の練習体系が確立されている、という点です。


形とは相互の約束によって行われる練習法をいい、定められた技を反復練習することにより技を身につける方法です。

「形試合」による大会は少年部から大人を含め地区大会から国際大会まで、あらゆる種目に渡り行われています。


これに対して乱取は、相互が自由意志によって、技をかけあう練習をいいます。

「乱取試合」は、形稽古では習得に時間のかかる「生きた技」を身につける修練方法として、

大切な修行要素となっています。「乱取試合」も、形同様、様々な種目で、執り行われており、

<スポーツ競技>としての側面も持っています。

日頃の稽古の成果を試し、技術を交換し合い、お互いが「無」となり、切磋琢磨しあい、

闘い合い、称えあえる、楽しさ・喜びがあります。



※より詳しい解説が<昭道館合気道連盟本部HP>に掲載されておりますのでご覧ください。

Home > 昭道館合気道について

HOMEHome.htmlHome.htmlshapeimage_3_link_0

昭道館合気道について